検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

商品カテゴリー

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律

出版社別 | 丸善出版

回折光学素子の数値解析とその応用
商品コード: 9784621084717

回折光学素子の数値解析とその応用

販売価格(税込) 5,184 円
ポイント: 51 Pt
関連カテゴリ:

出版社別 > 丸善出版

個  数

カゴに入れる

小舘 香椎子,神谷 武志 監修
A5判 270頁
2011/12/26
丸善出版 刊行

目次

序文
監修者、執筆者

1. 序章
 1.1 はじめに <神谷武志>
  1.1.1 回折光学素子の特徴と現代的意義
  1.1.2 近似手法による数値解析
  1.1.3 電磁波理論に基づく数値解析
  1.1.4 先端回折光学素子の研究開発例
 1.2 回折から回折光学へ <小舘香椎子>
  1.2.1 波動の基礎
  1.2.2 単色波の干渉・回折現象
  1.2.3 ホイヘンス-フレネルの原理
  1.2.4 フレネル回折とフラウンホーファー回折
  1.2.5 フラウンホーファー回折の例(円形開口)
 1.3 DOEの種類と数値計算法 <小舘香椎子>
  1.3.1 DOEの種類
  1.3.2 DOEの数値計算法
 参考文献

2. 近似理論に基づいたDOEの数値解析
 2.1 光線追跡法を用いたDOEの数値解析 <岩井広成>
  2.1.1 光線追跡の特長
  2.1.2 光線追跡の原理
  2.1.3 光学設計ソフトによる解析例
  2.2 波動光学に基づいたDOEの数値計算
  2.2.1 スカラー解析の種類と特徴 <小舘香椎子・駒井友紀>
  2.2.2 フレネル-キルヒホッフ回折理論 <小舘香椎子・駒井友紀>
  2.2.3 平面波展開
 参考文献

3. 電磁波光学に基づいたDOEの数値解析
 3.1 電磁波解析の種類と特徴 <小舘香椎子>
  3.1.1 はじめに
  3.1.2電磁波解析法
  3.2 厳密結合波理論(RCWA)
  3.2.1 RCWAについて <藤野誠>
  3.2.2 RCWAの理論――1次元格子,ノンコニカルマウント <藤野誠>
  3.2.3 解析例 <藤野誠・岡恵子>
 3.3 時間領域差分法(FDTD)
  3.3.1 FDTD法について
  3.3.2 解析例
 3.4 ビーム伝搬法(BPM)
  3.4.1 はじめに <岡本勝就>
  3.4.2 等価屈折率法 <岡本勝就>
  3.4.3 ビーム伝搬法 <岡本勝就>
  3.4.4 BPM を用いた可視波長域AWGの特性解析 <駒井友紀・岡本勝就>
 参考文献

4. DOEの作製・応用
 4.1 DOEの作製法 <小舘香椎子>
  4.1.1 ホログラフィ干渉法
  4.1.2 電子ビーム直接描画法
  4.1.3 レーザビーム直接描画法
  4.1.4 光リソグラフィ法
  4.1.5 超精密旋盤法
  4.1.6 回折光学素子レプリカ複製法
  4.1.7 今後に向かって
 4.2 光計測への応用
  4.2.1 天体観測用高分散体積位相型ホログラフィックグリズム <小舘香椎子>
  4.2.2 アレイ導波路格子小型分光センサ <駒井友紀・小舘香椎子・岡本勝就>
 4.3 情報通信分野への応用
  4.3.1 光波シンセサイザ <駒井友紀・小舘香椎子>
  4.3.2 波長帯域分離デバイス <駒井友紀・小舘香椎子>
  4.3.3 全光スイッチングモジュール <駒井友紀・小舘香椎子・神谷武志>
 4.4 DOEの画像処理分野への応用
  4.4.1 光相関演算システム <渡邉恵理子・小舘香椎子>
  4.4.2 色分離システム <駒井友紀・小舘香椎子>
 4.5 DOEの応用と展開
  4.5.1 反射防止構造 <中山朋子・小舘香椎子>
  4.5.2 MEMSグレーティング <羽根一博>
  4.5.3 液晶アクティブ回折光学素子 <橋本信幸>
 参考文献

付録
 A. 数値解析パッケージソフトを用いたDOE解析例 <岩井広成>
 A.1 ビーム伝搬法(BPM)
 A.2 厳密結合波理論(RCWA法)
 A.3 時間領域差分法(FDTD法)

参考文献
索引
奥付

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る


Photonics Media


   
Copyright(C)2015 The Optronics Co..Ltd. All rights reserved.